「自己管理」といっても、その言葉に明確な定めはありません。人それぞれ解釈が異なるものであるため、ここでは自己管理をする上で覚えておくべき、代表的な3つの重要項目を紹介していきます。

 

どんな優れた頭脳や能力をもっていても、健康の管理ができていないと、最大限のパフォーマンスを発揮することはできません。たとえば、風邪をひいてしまうとそれだけで仕事の効率は落ちてしまい、本来の力を出すことはできなくなってしまいます。睡眠が足りていないと、集中力が高まりませんし、食事が偏ると肥満などが原因で病気になりやすくなることも。健康管理は自己管理を行なう上で、最も大切な項目といっても過言ではありません。

 

健康管理のコツは、ずばり早寝早起きを心がけ、1日3食のバランスの取れた食事をすることです。具体的には1日7?8時間の睡眠をとり、低カロリーで栄養価の高い食事をとることがキーポイント。また、水をしっかりと飲む習慣を身につけ、適度な休息をとることも、本来の実力を発揮するためには重要です。

 

世の中で「一流」と言われている人のほとんどが、この健康管理には気をつかっています。病気やケガなどで第一線を退く人が少ないのも、前提として健康管理ができているから。これは、一流の人物の中に、肥満体型の人や顔色の悪い人が少ない理由でもあります。

 

加えて、「適度なご褒美」をあげることで、モチベーションは持続しやすくなります。さきほどの例の場合だと「1ヶ月ランニングが続いたら、新しいランニングシューズを買う」など。仕事関連の目標を立てたのであれば万年筆やノート、革靴やビジネスバッグなど。できるだけ目標と関連したご褒美をあげるのが、モチベーションUPのコツです。