EDで悩んでいた有名人・偉人

EDで悩んでいた有名人・偉人

マイケル・ダグラス

ハリウッドスターで「危険な情事」で目もくらむほどのベッドシーンを演じた、マイケル・ダグラスは、報道陣の取材に対し、「バイアグラのおかげで、私も妻も若返ったと」告白しています。

 

フリオ・イグレシアス

 

レコードの売り上げでギネス記録を持つ、歌手のフリオ・イグレシアスも「歌う前には女性とベッドをともにしていたが、今はそうすると歌えない」と観客の前で語ったそうです。

 

その息子のエンリケ・イグレシアスもとあるインタビューで「バイアグラが必要。男らしくなれる。」と告白しました。

 

ペレ

 

サッカーの神様として崇められるブラジルのペレもEDを克服し、専門医の治療を受けることを推奨する活動をおこなっているほどです。

 

ネルソン・マンデラ

 

南アフリカ初の黒人の大統領、ネルソン・マンデラもEDだったと言われています。

 

「チャタレー夫人の恋」人の作者も

 

エロチックな文学でしられる「チャタレー夫人の恋人」の作者、イギリスのデービッド・ハーバート・ローレンスもEDに苦悩しました。

 

「プレイボーイ」の発刊者も

 

セクシーな雑誌でしられるプレイボーイの発刊者ヒュー・ヘフナーもニューヨークタイムスの取材でEDを認めています。

 

ルイ16世

 

フランスのブルボン王朝の歴代の王も性的な障害で悩まされてきたことで有名です。ルイ16世は絶世の美女マリー・アントワネットをめとりながらも、全くのセックスレスだったのです。

 

ナポレオン・ボナパルト

 

フランスの英雄ナポレオンも夜は苦手だと伝えられています。ナポレオンの死後、医師が発見した文献にはこう書かれています。「前立腺に主要のあとがあり、睾丸とペニスは小さい。彼に性欲はなかった。」

 

エンリケ4世

 

イベリア半島のカスティーリヤ王国のエンリケ4世は二度結婚したものの、どの妃が相手でも夜の生活は不完全燃焼だったとのことです。そしてついたあだ名が、「エンリケ・インポテンツ(不能王)」とは、かわいそうな話です。

 

おぎやはぎの矢作

 

矢作さんは自身のラジオ番組で、「もうこの歳になるとたたなくなっちゃうんだから。」と語っています。