肥満と運動不足がEDにつながるってほんと?

肥満と運動不足がEDにつながるってほんと?

肥満のEDへの影響

糖尿病につながる、食べ過ぎ、飲みすぎ、運動不足、そしてその結果としての肥満も勃起障害の引き金になります。

 

アメリカで40〜70歳の男性22,086名を14年間追跡調査した結果があります。

 

その結果BMI(ボディマス指数=体重と身長から算出する肥満度を示す指数)が増加するにつれて、EDのリスクが上昇する傾向がみられました。

 

ちなみに、?せ型と肥満の男性では、受精のしやすさにも差があるという結果がでました。つまり「?せ型」のほうが受精しやすいのです。男性不妊でお悩みのかたは、肥満解消を検討してみてもいいかもしれません。

 

運動不足のEDへの影響

 

そして、運動不足とEDの関係ですが、やはりアメリカの研究で、「運動強度」の増加により、勃起障害のリスクが低下するという結果がでました。

 

週に2時間半以上のランニングは、していない人に比べてEDのリスクを30%も低下させたそうです。

 

EDによくない運動もある

 

ただ、「勃起によくない運動」もあります。それは、なんと自転車です。

 

先ほどのアメリカの研究でも、「自転車乗車時間とEDの間には明らかに相関関係がある」としています。原因はサドルによる会陰部の血管や神経を圧迫しているためと考えられています。

 

メタボ解消のために1時間かけて自転車通勤、といった話をききますが、注意したほうがいいかもしれません。

 

男性のほうが女性よりメタボになりやすい理由

 

メタボと診断されるのは女性より男性のほうが多く、特に糖尿病では3倍にもなります。

 

その理由は男性のほうが食べ過ぎ、運動不足の傾向があるとするのは不自然です。というのは、女性にもよく食べる人は多いし、運動もしない人も多いです。

 

結論をいうと、中高年男性は同世代の女性よりもテストステロンが低下するからです。テストステロンは主に精巣で作られれ、「男らしさ」に関与するものですが、女性もある程度持っています。

 

中高年になると男性はテストステロンが減るのですが、女性はそこまで減らないのです。

 

ちなみに、テストステロンが低いからといって即EDになるというわけではありませんが、テストステロン補充療法をおこなったところ、症状が改善したという例はあります。