レビトラの副作用とは?

レビトラの副作用とは?

レビトラの副作用は、

 

  • 顔のほてり
  • 目の充血
  • 動悸
  • 頭痛
  • 鼻づまり

 

などの症状が報告されています。

 

専門医のサイトなどでは、「あまり気にせず効いてきた合図だと思いましょう」とありますが、油断してはいけません。

 

というのは、以下の禁忌事項を守らないと副作用が悪化する恐れがあります。

 

  • 最大服用量は1日1錠以上の服用
  • ニトログリセリンと併用
  • 心臓・腎臓・肝臓が悪い人の服用
  • 心筋梗塞を発症したことがある人の服用
  • 脳血管関係の疾患を持つ人の服用

 

狭心症の薬と併用すると、血圧が急降下し最悪の場合は、死に至るリスクもあります。

 

また、お酒と一緒に飲む場合は注意が必要です。

 

お酒が弱い人は、レビトラの血管拡張効果によって、アルコールが一気に回ってしまい、急性アルコール中毒になるリスクが上がります。

 

また、グレープフルーツ一緒に飲むと効果があがるという、噂もありますがこちらも同じように効きすぎてしまう恐れああるのでやめておきましょう。

 

レビトラはバイアグラよりも即効性があると言われています。というのは、バイアグラの主成分であるシルデナフィルよりも、レビトラに含まれるバルデナフィルのほうが水に溶けやすいためです。

 

即効性がある分、副作用も強く現れる可能性もあります。

 

また、知っておいたほうがいいこととして、レビトラは性的興奮を高める薬ではないということです。

 

あくまで「性的な興奮がある時に、勃起をするのを助ける薬」ということになります。

 

ですので、精神的な問題で、勃起できない人は、レビトラを飲んでも効果が薄いと思われます。