中折れの原因と対策って?

中折れの原因と対策

お相手の女性に魅力を十分に感じているのに、セックスのときになんとか挿入しても途中なぜか萎えてしまうことってありませんか?これ「中折れ」といいます。

 

20代で悩む方も多く、年齢が原因とも言い切れません。

 

長く続くと、恋人や奥さまなどのパートナーとの関係にひびが入ってしまう恐れもあります。「私に魅力がないのが原因なのかな。。」と責任を感じてしまう女性もいるそうです。

 

また、風俗に行くの方は、「せっかくお金使っているのに勃起できない!」と悩むかたは意外に多いです。

 

そんな中折れの原因と対策をご紹介します。悩んでいる本人はもちろん、パートナーの女性の方にも参考にして頂ければと思います。

 

疲労

実は中折れに悩むかたの多くが疲れ過ぎの可能性があります。仕事が忙しかったり、肉体労働で体を酷使しているかたなど、体力が落ちている時は勃起がしにくくなります。

 

飲酒

デートで女性とお酒をのみ、そのあとベッドインなんてシチュエーションは憧れますよね?ですが、このタイミングは実はセックスにはあまり適していません。というのは、アルコールは感覚を麻痺する効果があり、ペニスも鈍感になるからです。

 

喫煙

喫煙はもう毛細血管を細くして、血流を悪化させる効果があり、ペニスへの血流も悪くなります。ペニスの海綿体への血液が流れないと勃起しにくくなります。

 

メンタルの要因

疲労もなく、お酒も飲んでいない、喫煙もしていないのに勃起できない、こんな方はメンタルに原因をお持ちの可能性があります。「心因性勃起不全」といいます。

 

これは単純に初めての相手で緊張してしまったり、妙に気負ってしまい、「ここで勃起できないと嫌われてしまうかも」と心配してしまうなどです。不安、焦り、相手との気持ちの不一致など、簡単に言えば「自信がない」状態ということです。

 

また、鬱などの症状の一つにも勃起不全があります。

 

血流が悪くなっている

生活習慣病、成人病などで高血圧、高脂血症により動脈硬化がおきていると血液が流れにくくなり、ペニスにも血液が行きづらくなります。するとやはり勃起しにくくなりまうs。

 

神経の病気

脳の障害、脊髄損傷、パーキンソン、アルツハイマーなどの神経の障害も、脳からペニスへの信号が伝わらない原因になり、興奮してるのに勃起しない、という現象につながります。

 

中折れの対策方法

すぐにてきる対策

飲酒と喫煙は控えめにしましょう。

 

そして、疲労をとることをおすすめします。働き方を見直し、働きすぎの方は少しの仕事の量を減らしてみましょう。長期休暇にひたすら寝て休んでいたら、勃起するようになった!という例は多いです。

 

そして、適度な運動をしましょう。疲労しにくい体になれば、多少忙しくても中折れしなくくなる可能性もあります。運動に血流がよくなり、ペニスの海綿体にも血液が流れやすくなります。

 

女性側ができること

女性にも原因があるのだろうか?と気になる方も多いです。メンタルの場合は、二人の関係が影響しているので、女性も意識することで改善する可能性があります。

 

女性に意識していただきたい点はプレッシャーをかけないことです。

 

  • たまにはそういう時もあるよ
  • 仕事で疲れているのかもね

 

そして男性は飽きやすい生き物なので、なるべくちょっと変化を加えることも大切です。いつもと違うラブホテルに行ってみる、ちょっとセクシーなメイクにしてみる、下着を変えてみるなどいろいろ変化を加えてみてください。

 

ED専門医で治療する

上の方法でも中折れが改善しない場合は、ED治療院で本格的に勃起不全の治療を行うというのも選択肢の一つです。

 

治療法は主に、バイアグラなどの投薬治療となります。多くの方が短期間で改善されています。

 

ただ、副作用には注意しなければなりません。血液をペニスに流し込む効果があるくするのため、頭痛やたちくらみ、高血圧などが報告されています。

 

根本的に体質から改善する

副作用のリスクがあるED治療薬に抵抗がある方に最近注目されているのが、精力増強サプリメントです。サプリメントは健康食品のため、自然界に素材でできているため副作用の心配はありません。ED治療薬に比べると継続的に飲む必要がありますが、その分体質から改善していくので、効果も長続きして「しっかり勃起する体」をつくっていくことができます。

 

そんな精力増強サプリメントのランキングを独自に作成したので参考にして頂ければと思います。