早漏の原因と治療法とは?

早漏の原因と治療法とは?

早漏の原因は様々なのですが、4つが指摘されています。

 

  • 過敏性早漏(かびんせいそうろう)
  • 包茎性早漏(ほうけいせいそうろう)
  • 心因性早漏(しんいんせいそうろう)
  • 衰弱性早漏(すいじゃくせいそうろう)

 

なかには複数の原因が重なっているかたもいらっしゃいます。一つずつご説明しますね。

 

過敏性早漏

ペニスが敏感すぎる方に多いタイプの早漏です。若い方やスポーツマンなど、健康すぎるためペニスの感覚も敏感なのです。

 

これが原因であれば、年齢とともに自然となくなる方が多いです。すぐに治したいというかたは、トレーニングにり、改善することが可能です。

 

スクイーズ法

一人で行うトレーニングです。マスターベーションをし、射精の直前に、鬼頭を押さえつけけ、射精を押さえ込みます。これを繰り返すこととで、射精までの時間をのばすことができます。

 

セマンズ法

こちらはスクイーズ法をパートナーと二人で行うトレーニングです。まず、手でパートナーに刺激してもらい、射精直前にはなしてもらい、射精を防ぎます。

 

これを4〜5回繰り返し、時間が伸びてきたら、ローションをつけて同じことを行います。これでさらに時間が伸びたら、挿入を行います。

 

挿入しても、同じように4〜5回繰り返し我慢するというのを続けます。これを繰り返すことで、確実に時間が伸びていきます。

 

包茎性早漏

包茎の方は普段鬼頭が皮に包まれているため、刺激に弱くセックスの時もすぐに射精してしまいがちなのです。

 

こちらもスクイーズ法やセマンズ法で改善が可能です。

 

包茎自体は決して健康への影響はないですが、包茎治療をするというのも選択肢の一つになります。

 

心因性早漏

メンタルからくる早漏です。セックスの際に不安や緊張を感じた場合に発生します。性体験が少ない方や、初めての相手の場合に起こる可能性があります。

 

また、ストレスがたまっていたり、鬱状態のかたにも見られる現象です。

 

こちらの対策は、経験が少ないかたは、これから数をこなしていけば改善される可能性があります。ストレスがたまっている方や鬱っぽい方は、しっかり休息をとり、体も心も癒していくように心がけてください。

 

衰弱性早漏

加齢や運動不足により膀胱の筋力が落ち、射精をコントロールする力が弱くなることが原因です。

 

興奮すると自分の筋肉で射精をおさえることができなくなってしまうのです。30代後半以降の方に多い症状です。

 

対策としては、まず運動をして筋力をつけていきましょう。体の筋力は実は男性の性機能に大きく関わっています。早漏だけでなく、中折れ、勃起不全など様々な症状が改善される可能性があります。

 

運動とともに必要なのが、食生活の改善です。筋力がつきやすいお肉などのたんぱく質を多く取り、栄養バランスが偏らないように注意しましょう。炭水化物や脂質の取りすぎには注意をしましょう。

 

そして、栄養面を手軽に改善できる方法として、精力増強サプリメントがあります。サプリメントは健康食品なので副作用もなく、男性の活力をサポートする成分が多く含まれています。

 

そのような精力増強サプリメントのランキングを独自に作詞したので参考にしていただければと思います。