タバコ・喫煙がEDの原因になるって知ってた?

タバコ・喫煙がEDの原因になるって知ってた?

喫煙者は非喫煙者に比べてED(勃起障害)の発症率が高くなると報告されています。

 

例えば、アメリカのマサチューセッツ男性加齢研究では、9年間のフォロー調査を行った結果、喫煙者は非喫煙者の2倍の確率でEDを発症したそうです。

 

また、ヘビースモーカーに一ヶ月禁煙させたところ、ペニスの膨張度と高度が明らかに改善した、という研究もあります。

 

タバコががんの原因になるというのは知られていますが、膀胱がんの患者の約半分は喫煙が原因で発症するとする医師もいます。

 

EDにつながる理由は、タバコに含まれるニコチンには末梢血管を秋sh九させる作用があためです。血管が縮めば、血流が悪くなり勃起しにくくなります。勃起というのはペニスの海綿体の血管が拡張することでおきるので、ニコチンは逆の効果があるということですね。

 

また、タバコに含まれる有害物質は血管の内側ん細胞を傷つけます。心筋梗塞のリスクを大きくするのと同じように勃起障害のリスクファクターになります。喫煙により海綿体やペニスの血管の内皮障害が怒り、血流に問題が発生してEDになるということです。

 

そして、タバコは精子の老化も促進します。老化は活性酸素により、酸化ストレスがかかることでおきます。俗に言う「体がさびついた」状態です。不妊症の男性の精液には、酸化ストレスにさらされた精子が多いというデータがあります。そして、酸化ストレスが高まると精子自体の数も現象してしまうことがわかっています。

 

「勃起を保ちたい」「子供が欲しい」と思うなら、タバコときっぱり縁を切りましょう。

 

ただ、ただちに禁煙を、といいたいところですが、急な禁煙もテストステロンを下げてしまい、勃起力を落としてしまうことがあります。

 

というのは、ニコチンがエストロゲン(女性ホルモン)を抑え込み、比較的テストステロンを高めに維持していた状態でした。ですが、急にニコチンがなくなると、テストステロンをエストロゲンに変えてしまうのです。すると、女性の更年期同様の意欲の低下が生じたり、勃起力を落としてしまいます。

 

なので、禁煙外来に通いながらテストステロン値もチェックしながら禁煙をすすめるといいでしょう。そして、テストステロンを高めるための運動や食事にも注意して進めるのがおすすめです。