トンカットアリのEDや増大への効果とは?

トンカットアリのEDや増大への効果とは?

トンカットアリとは?

トンカットアリとは東南アジアのマレーシア、インドシナ半島、スマトラ島、ボルネオ島などの熱帯雨林のジャングルに自生しているニガキ科のハーブ一種です。ただ、葉の部分ではなく、根の部分を使用します。

 

ED、増大への効果は?

トンカットアリには男性ホルモンの源であるテストステロンを分泌を促すアルギニンを多く配合しています。

 

またアルギニンの吸収をしやすくするビタミンB6や亜鉛などもバランスよく配合しているのも特徴的です。

 

トンカットアリを摂取することで、男性ホルモンの分泌が促進され、EDの改善、ペニスの増大につながります。

 

トンカットアリの副作用とは?

基本的に自然界に存在する成分なので、トンカットアリに副作用はありません。

 

ですが、過剰に摂取しすぎると健康被害がある可能性があります。

 

アルギニンが過剰となると、もっとも多い症状として、下痢や腹痛を起こす可能性があります。

 

その場合は、果物や酢の物などのクエン酸が入った酸っぱいものを多くとることで、緩和されます。