精力増進のツボってどこ?

精力増進のツボってどこ?

商陽(しょうよう)

人差し指の親指側、爪の角から3mmほどのところにあるツボ。左右両方効果があります。反対側の手の親指と人差し指ではさんで押します。

 

胃腸を整えるツボと言われますが、滋養強壮の効果もあるので精力アップに効果が期待できます。

 

三焦経(さんしょうけい)

 

左手の薬指の爪から3mmほどのところにあります。右手の親指と人差し指ではさみ、親指でぎゅっとおします。

 

自律神経を整える効果があります。なので心因性の勃起不全に効果が期待されます。

 

陽地(ようち)

手の甲のつけねのシワの部分の小指側にくぼんだ部分があります。そこがツボです。左右両方OKです。

 

逆側の手の中指で痛くないように刺激します。必ず反対側も刺激します。

 

万能のツボとよばれていて、体をあたため冷え性や疲労回復に良いツボです。疲労性の勃起不全に効果が期待できます。

 

労宮(ろうきゅう)

手のひらの真ん中にあるツボです。反対側の手の親指で、おします。

 

心臓に関係するツボで、血液循環を整え、疲れをとります。

 

 

げき門(げきもん)

腕の内側の中心、肘と手首の真ん中よりやや手首に近いところにあります。

 

親指でぐっとおしたり、ぐりぐりと刺激します。

 

動悸息切れが収まるとされています。